ジェットバスのリフォームはどうする?やり方や費用を解説!

  1. 風呂
  2. 755 view

ジェットバスの風呂リフォームに憧れている人も少なくないかと思う。

しかし、ジェットバスの中にはいくつかタイプがあり、その中にはそれほど費用がかからないものもある

そこでこの記事ではジェットバスリフォームの方法やその注意点について解説する。

この記事を参考に、憧れのジェットバスを導入するための参考にしてほしい。

 

ジェットバスにはどんなタイプがある

ジェットバスと一言でいっても、そのタイプにはいくつかあり、費用や施工手順が大きく変わる。

ここではジェットバスのタイプにはどんなものがあるのかについて詳しく解説する。

 

取り付け式

取り付け式のジェットバスとは、充電式やコード式で小型の機器を風呂に取り付けジェットバスにする方法のことである。

取り付けといっても、何も難しいことはなく、風呂の中にポンと置くだけなのでほぼ誰にでも設置可能だ。

また費用も比較的安価なため、コストを抑えたい場合には、おすすめできる。

ただし、デメリットとしては泡の噴射力が弱く、本格的なジェットバスに比べるとそれほど大きな効果が期待できないことにある。

そのため、ジェットバスで本格的なリラクゼーションを求めたい人の場合、この方法はあまりおすすめできない方法だ。

 

マット式

設置式とは、浴槽に泡が出るマットを設置し泡を発生させる方法だ。

電源式になっており、マットは浴槽全体に行き渡るため、取り付け式よりも高い効果が期待できる。

また設置も簡単で費用も取り付け式よりは多少高いが、10,000円もかからず設置できるだろう。

デメリットとしては、コンセントがあることだ。

設置式の場合には、コンセントが必要になり、コンセントが近くにない場合には設置できなくなってしまう。

また、パワーも設置型に比べると劣る。

ジェットの勢いはなく、泡を発生させる仕組みになっているため、ジェットの勢いがほしいなど、本格的なジェットバスを求めている人の場合には、物足りなさを感じてしまうこともあるだろう。

 

組み立て式

組み立て式とは、ジャグジーが付いた浴槽を組み立てて設置する方法のことだ。

この方法の場合は、屋外やベランダなどに設置し、屋外でジェットバスを楽しむことができる。

ただし、デメリットとしては既存の浴室には利用できないことにある。

そのため、屋外などで設置するためのスペースが必要になり、そのスペースが確保できない場合には、あまりおすすめできない。

 

設置型

設置型はジャグジー機能がある浴槽を取り付ける方法のことだ。

この方法の場合には浴槽の取り替え、またはユニットバス全体の交換が必要になる場合もあるため、費用が高額になるものの、ジェットバスのパワーは上記のものと比べると圧倒的で、本格的にジャグジーを楽しみたい人には特におすすめできる。

噴出口から、勢いよく気泡が噴出されるため、泡によるリラクゼーション効果だけではなく、マッサージ効果も十分期待できるだろう。

また浴槽と床が一体になっていないユニットバスであれば、浴槽だけを交換することで、対応でき、ある程度は費用を抑えられる点も魅力だ。

ただし、上記3つの方法と比べると、工事費用は高くなってしまい、大掛かりな工事が必要になってしまうことがデメリットだ。

既存の浴室が比較的新しい場合、ユニットバス全体の交換が必要な場合は導入する価値があるのかどうかよく考えた方が良いだろう。

 

ジェットバスを入れる時の注意点

ジェットバスを導入する場合には、いくつか注意するべき点がある。

ここではジェットバスを導入するときの注意点について、詳しく解説したい。

 

取り付け式やマット式は簡単だがパワーは控えめ

ジェットバスのタイプの中でも取り付け式やマット式のタイプの場合には、簡単に施工できるというメリットがあるものの、パワーが控えめなことには注意が必要だ。

ジェットを噴出するというよりは泡を発生させることが主なため、効果が全く期待できないわけではないが、ジェットバスの噴出する勢いによるマッサージ効果などは期待できない。

これらのタイプを選ぶ場合には、その点を承知した上で選択するべきである。

 

設置型の場合にはユニットバス全体の交換が必要になることも

設置型の場合には、ユニットバス全体の交換が必要になることがある。

設置型は浴槽にジェットバス機能が付いたものを入れる必要があるが、ユニットバスの中には浴槽ごと交換ができないものもある。

それが浴槽と床が一体型になっているものの場合だ。

この場合には、床と一緒に浴槽が取れてしまう仕組みになっており、浴槽のみの取り替えができない。

そのため、そのような形式のユニットバスにジェットバスを施工したい場合には、ユニットバス全体を新しくする必要がある。

そのため、ジェットバス設置のリフォームを希望する場合、リフォーム業者には既存の浴室の状態がどうなっているのか、確認してもらう必要があるだろう。

 

設置型はこまめな掃除が必要

設置型のジェットバスを設置する場合、こまめな掃除が必要になる点には注意が必要だ。

設置型のジェットバスは、こまめな掃除が必要になる。噴出口や取水口吸い込み口があり、これらの配管をジェットバスが循環するため、通常のユニットバスと比べると、汚れがたまりやすい仕組みになっている。

掃除をせずにいると、ジェットバスの勢いが弱まってしまうため、その噴出力を維持するためには、こまめな掃除は欠かせないと言えるだろう。

また入浴剤などを利用することもおすすめできない。

入浴剤を入れると、機器の内部の劣化を招き故障してしまうリスクがあるため、やめておくべきである。

 

騒音に注意

設置型のジェットバスの場合、利用することで、どうしても音が出てしまうため、マンションなどで利用すると、苦情が発生することがある。

そのため、マンションなどで利用する場合には、夜遅くなどの場合には難しい場合があるため、注意が必要だ。

 

ジェットバスリフォームにかかる費用と工期

ジェットバスリフォームに結局どのくらいの費用がかかるのか、気になる人も多いだろう。

そこでここではジェットバスリフォームに実際どのくらいの費用がかかるのか詳しく解説する。

 

取り付け式

https://amzn.to/2QLbSYp

取り付け式のジェットバスの場合、大まかに費用は3,00030,000程度かかる。

かなり値段に幅があるが、それに比例してジェットバスの機能が上がると考えてよいだろう。

3,000円のものの場合には、安価なものの噴出力もほぼなく、効果はほとんど期待できない。

効果なものであれば、一部分だけであっても、ある程度の噴出力がある商品もある。

ある程度の効果を求めるのであれば、予算に応じて必要なものを購入すると良いだろう。

 

設置式

www.amazon.co.jp/dp/B07L55MF5F

設置式のジェットバスは大まかに10,00030,000程度かかることが多い。

この方法の場合は、設置にも特に費用がかからないため、本体のみの値段で設置できるのは魅力的だ。

ただし、近くに電源が必要でコンセントが近くにない場合には、コンセントの増設をしなければ設置ができない。

ちなみにコンセントの増設は増設できる場所であれば10,000円以内で工事ができるため、必要に応じて検討しても良いだろう。

 

組み立て式

https://amzn.to/35GwepS

組み立て式の場合には、10〜200程度の費用がかかることが一般的だ。

ただし、組み立て式の場合には、そこそこ重量があり、設置にはそれなりの人数が必要になる。

また広い場所が必要で、そもそも設置できない場合もある。

場合によっては設置型の方が安いケースも少なくないため、「屋外にジェットバスがほしい」という場合を除けばあまりおすすめできる選択肢ではないだろう。

 

設置型

設置型の場合にはリフォームにかかる費用を含めて大まかに100〜200万円の費用がかかる。

ユニットバス全体の交換が必要な場合には高くなり、浴槽のみの交換で対応できる場合には、費用が100万円程度に抑えられる。

ある程度費用がかかるものの、効果が最も高いことも間違いないため、ジェットバスの効果を最大限にしたい場合には、この方法が最もおすすめできるだろう。

 

ふろリノベならジェットバスも塗装リフォーム可能!

「ジェットバスの風呂が古くなってきたけれど、新しくジェットバスの取り替えをして費用をかけたくない」そんな方も中にはいるかもしれない。

そのような場合には、浴槽の塗装リフォームも選択肢だ。

既存のジャグジータイプの風呂が古くなった場合でも、「ふろリノベ」であれば、塗装をすることで、見た目をほとんど新品と変わらない状態にすることができる。

これはジェットバスがついていないものの参考画像ではあるが、ジェットバスがついているものでも問題なく塗装することができる。

以下が塗装前の画像だ。

こちらが、塗装後の画像になる。

またカラーバリエーションも豊富で600種類のカラーの中から自分の好きな色を選べるため、他にはない個性的な浴槽にすることも可能だ。

「ジェットバスの見た目が古くなってきたけれど、取り替えまではしたくない」そのような場合には風呂リノベをぜひ検討してみてほしい。

 

まとめ

この記事ではジェットバスのリフォーム方法について、どのような方法があるのか詳しく解説した。

ジェットバスはリフォーム以外にも選択肢が様々ではあるが、効果を最大限求めるのであれば、やはりユニットバスのリフォームをするのが最もおすすめだ。

また既存の浴槽がジェットバスで、見た目が古くなっているのが気になる場合には、「ふろリノベ」で浴室塗装をするのもおすすめだ。

この記事を参考に家にジェットバスを導入し、リラックスできるお風呂を手に入れてほしい。

【記事監修】 山田 博保

株式会社アーキバンク代表取締役/一級建築士
建築業界での経験を活かした不動産コンサルティング及び建築、不動産に関わるWEBメディアを複数運営。Facebookお友達申請大歓迎です。その他、建築や不動産、ビジネスモデル構築に関するコンテンツは公式サイトより。

記事一覧

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。