戸建ての風呂リフォームに必要な費用と相場をまとめて解説

  1. 風呂
  2. 7 view

浴室が劣化してきたので新しくリフォームをしたい・老後のセカンドライフに向けて心地よい浴室にリフォームしたいなど、戸建て住宅の風呂リフォームを検討されている方は少なくないかと思います。

この記事では戸建て住宅の風呂リフォームにかかる費用相場や、施工費用ごとの工事内容、工期やリフォームの種類についてご紹介します。

風呂リフォームを検討中の方・費用相場を知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

一軒家のお風呂リフォームの価格帯・工事期間

一軒家のお風呂リフォームの価格帯・工事期間

一軒家のお風呂リフォームにはいくらかかるのか、工事期間はどのくらいなのかご存知でない方も多いかと思います。

下記では、浴室リフォームの平均費用・料金相場をご紹介します。

 

浴室リフォームの平均費用・料金相場

浴室リフォームを行った方々にとったアンケート結果によると、浴室リフォームにかかった料金の範囲で一番多いものは50〜99万円、続いて100〜149万円とされており、その結果から浴室リフォームにかかる平均費用・料金相場は50〜150万円であるといえます。

さらに、浴室リフォームの内容が複雑であればあるほど施工期間も長くなり、期間の長さに比例して施工費用も高額になる傾向です。

施工費用が大幅に大きくなるケースでは、特殊なユニットバスの設置や浴室の場所を丸ごと移動させるケース(電気・ガス工事などを伴うリフォーム)などがあげられます。

施主側のニーズや意向によって施工費用は変動するため、どれくらいの費用がかかるのか見当もつかないという方はあらかじめリフォーム業者に相談しておくことをおすすめします。

 

【相場別】一軒家のお風呂リフォームでできること

【相場別】一軒家のお風呂リフォームでできること

一軒家のお風呂リフォームと一口に言っても、いくらくらいの費用でどれくらいの施工を行うことができるのかわからないという方も多いことでしょう。

下記では、施工費用ごとの浴室リフォームの内容をご紹介します。

 

50万円未満の浴室工事でできること

「手すりを設置する」「給湯器を交換する」「浴槽を交換する」など、部分的で小規模な施工であれば50万円未満でリフォームをすることができます。

小規模な施工は、それぞれの施工を別々のタイミングで行うのではなく同じタイミングで行うことで費用削減効果があります。

なぜかというと、施工のタイミングを分けることでリフォーム業者の出張費や養生代などがその都度かかってしまうためです。

なるべく金額を抑えてリフォームを行いたい方は、いずれ必要となる工事などは同じタイミングで行ってしまいましょう。

 

50万円以上〜100万円未満の浴室工事でできること

50〜100万円の幅で施工を行いたいという方は、浴室のデザインを丸ごと交換することが可能です。

例えばタイルばりのお風呂の床や壁、浴槽を丸ごと交換するだけで浴室全体のイメージをガラッと変えることができます。

また機能性が高い浴槽に交換したいという場合も、浴槽の種類によっては100万円以内に納めることができるでしょう。

浴室内の劣化が目立つ場合や色合い・雰囲気を変えたい方はこちらの予算内に納めることができると心得ておきましょう。

 

100万円以上〜150万円未満の浴室工事でできること

100〜150万円の施工費では、上記の浴室全体の工事に加え、さらにワンランク上の浴槽や壁材・床材を使用したリフォームを行うことができます。

浴室全体を綺麗に施工したいというニーズに加え、デザイン性を重視した浴室にしたいとお考えの方はこのくらいの施工費がかかると想定しておきましょう。

ただし、選ぶ壁材・床材や浴槽の種類によってはさらに施工費用がかかるケースもありますので気をつけておきましょう。

 

150万円以上の浴室工事でできること

150万円以上の施工費をかけてできるリフォームの内容は無限大です。

例えば浴室自体の広さをより広く快適な空間にしたい方・浴室乾燥機をつけたい方・寒さ対策のためのペアガラスを採用したい方など、施主の意見に合わせて可能な限りリフォームを行うことができます。

浴室内の壁や床をウッド調にしたり、最高級システムバスを採用したり、浴室内TVの設置など、自由に理想的な浴室に仕上げたい人は150万円以上施工費がかかるとみておきましょう。

 

一軒家のお風呂リフォームを5パターンで解説

一軒家のお風呂リフォームを5パターンで解説

一軒家のお風呂リフォームを行う際、具体的にどのような施工費用でどのような内容のリフォームができるのか、イメージが湧かない方も多いかと思います。

下記では、お風呂リフォームをさまざまなパターンに分けて詳しく解説します。

 

FRP製浴槽にリフォーム

FRPとは、繊維強プラスチックのことを指しています。

軽くて丈夫・補修を簡単に行うことができる・防水性が高いという機能性があり、多くの浴槽でこのFRPが使用されています。

FRP製浴槽にリフォームを行った場合のリフォーム価格は10〜50万円です。

FRP浴槽自体の料金は大体10万円台に設定されていることが多く、浴室の状態によって稼働人数や工賃が変動していきます。

浴槽交換リフォームの中ではFRP製浴槽への交換が最も安価で、汚れが目立ち温いというメリットもあります。

 

ホーロー製浴槽にリフォーム

ホーローとは、鋳物や鋼板の表面にガラス質の釉薬を焼き付けた素材のことを言います。

浴槽料金は15〜110万円と種類やデザイン、大きさによって幅広くなっています。

ホーロー製浴槽のメリットは、耐久性と美観にとても優れておりカビが生えにくいという点です。

保温性にも優れているため、追い焚き頻度を削減することができるので光熱費の節約効果もあります。

しかしホーロー製浴槽は重量が大きいため、場合によっては2階以上の浴室に設置することができない可能性もあります。

浴室が2階以上にある住宅の場合は、あらかじめリフォーム業者に設置が可能かどうか確認しておきましょう。

 

人工大理石製浴槽にリフォーム

人工大理石は、アクリルやポリエステルなどの素材を混ぜて作られた大理石に似せた素材のことで、大理石は一切素材には含まれていません。

そのため価格がリーズナブルで加工を簡単に行うことができ、カラーバリエーションやデザインも豊富なことが特徴です。

人工大理石製浴槽にリフォームした場合にかかる施工費用は、80万円〜120万円ほどですが、選ぶ浴槽の種類によってはさらに安く施工することもできます。

高級感が高く、傷がつきにくいメリットがある一方でFRP製浴槽と比較すると価格が高く、また追い焚き機能の後付けができないのがデメリットとされています。

 

ヒノキ製浴槽にリフォーム

ヒノキとは、ご存知の通り木の名称です。

他の樹木と比べると強度が高いと言われており、癒しやリラックス効果があるとして温泉施設などで見かけたことがある方も多いかもしれません。

ヒノキ製の浴槽は、本体価格のみの場合であれば30万円〜50万円ほどで販売されているケースが多いです。

しかし、浴室内全体をヒノキ風呂にする場合は、200万〜300万円ほどの施工費がかかります。

個性的なお風呂を楽しみたい方、ヒノキの香りを感じながら癒しの空間を手に入れたい方は浴室全体のリフォームがおすすめです。

ただしヒノキ製浴槽を使用する際は、注意点や手入れ方法などがあるため必ず守るようにしましょう。

 

床材やタイルのみの簡易リフォーム

「お風呂の床が冷たくて困っている」「滑りにくい素材にしたい」と思っている方は、床材やタイルのみのリフォーム方法がおすすめです。

床材やタイルの値段は種類がさまざまですが、浴室全体のリフォームを行うよりも施工費を抑えることができます。

床材やタイルのみの簡易リフォームを行った場合の施工費用は、樹脂素材の場合は5万円〜、タイルの場合は10万円〜とされています。

浴室リフォームに費やす資金があまりないという方でも、比較的安価でリフォームを行うことができ、選ぶ材質によってはしっかりと効果を実感できるものもあるでしょう。

 

塗装・シート張りでのリフォーム

浴室で使用することができる防水性の高いシートを使用した浴室リフォームは、費用を格安に抑えることができます。

シートの種類や色もさまざまですので、ある程度は希望通りのデザインに仕上げることができるでしょう。

また浴室全体に塗装工事を施し、汚れや傷を新品同様の外観に甦らせることができる塗装でのリフォームもおすすめです。

塗装・シール張りでのリフォームにかかる施工費は10万〜20万円ほどです。

 

一軒家のお風呂リフォームの工期はどのぐらい?

一軒家のお風呂リフォームの工期はどのぐらい?

一軒家のお風呂リフォームにかかる期間は、どの浴室タイプからどの浴室タイプにリフォームを行うのかで変わります。

ユニットバスからユニットバスへの施工であれば2〜3日、在来浴槽からユニットバスへの施工であれば4〜5日、在来浴槽から在来浴槽への施工は2週間ほど工期がかかります。

また上記で紹介した床材やタイルのみの施工やシート貼り、塗装により施工の場合は1日〜3日ほどで作業が完了する場合が多いです。

 

一軒家の風呂リフォームなら塗装とシート張りがおすすめ

一軒家の風呂リフォームなら塗装とシート張りがおすすめ

一軒家の風呂リフォームを行いたい・なるべく施工費用を抑えたいという方は塗装やシート張りでのリフォームがおすすめです。

その理由は、他のリフォーム方法よりもはるかに施工費を抑えることができるだけでなく、工期を短く済ませることができるためです。

浴室全体のリフォームを行うと、場合によっては最大で2週間ほどの工期がかかってしまう場合がありますが、その間浴室の利用が制限されてしまうだけでなく施工費用もとても高額になってしまいます。

浴槽や浴室内の壁や床が劣化した場合でも、塗装とシート張りで綺麗に生まれ変われ

らせることが可能ですし、工期はたったの2日です。デザインも豊富なため、納得のいくリフォームを行うことができるでしょう。

浴室全体のリフォームを行いたいという場合でも

もちろん、浴室全体のリフォームを行いたいという場合でも素材選びや方法によっては安くリフォームをできる可能性がありますので、浴室リフォームを検討されている方はリフォーム業者とよく話し合いを重ね、清潔感の溢れるくつろぎの空間を作り上げていきましょう。

無料見積もりフォーム

お風呂のリノベーションを検討されている方はお気軽にお見積りください。お見積りは無料でさせて頂きます。

①お客様の情報をご入力ください
お名前
メールアドレス
電話番号
お住いの都道府県
物件のご住所
住宅の種類
リノベーション箇所
住宅の築年数
工事希望日
その他ご質問
②浴室の写真を添付してください

写真撮影の例

写真の撮影をお願いします。
①全体と②浴槽は写真が必須ですが、浴室に部分的な損傷がある方は③部分的損傷にも写真を添付ください。

1全体

2浴槽

3部分的損傷

①浴室の全体が確認できる写真を添付してください

撮影のポイント

1.窓がある場合は写真に収める
2.浴槽を収める
3.給湯器のリモコンがある場合は写真に収める

※1枚に収まらない場合は、
2枚目を撮影して添付してください

イメージ

②浴槽内側を確認できる写真を添付してください

撮影のポイント

1.浴槽の給湯口を収める

※1枚に収まらない場合は、
2枚目を撮影して添付してください

イメージ

③部分的な損傷箇所を確認できる写真を添付してください

撮影のポイント

1.損傷箇所を写真に収める

※1枚に収まらない場合は、
2枚目を撮影して添付してください

イメージ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。