お風呂の修理費用はどのぐらいかかる?部位別工事別に解説

  1. 風呂
  2. 16 view

「お風呂の修理をしたいけれど、費用相場がわからない」「修理費用はどのように抑えたらいいのだろう?」このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

お風呂の修理にかかる費用は、修理を行う部位によって大きく変動するため、「どの部位を修理するのにどれくらいの費用がかかるのか」という点に注目して費用相場を把握することが大切です。

今回は、お風呂の修理費用相場を修理を行う部位別にご紹介させていただきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

修理箇所別の風呂の修理費用相場

修理箇所別の風呂の修理費用相場

 

排水口・排水管の詰まり

お風呂の排水口・排水管の詰まり修理にかかる費用は5000円〜5万円と幅広くなっています。

つまりの度合いによっても異なりますが、簡単な掃除で済む場合は5000円ほど比較的安く収まる反面、詰まりの範囲が広い場合は高圧洗浄機などを使用しなくてはいけない場合もあり、より大規模な工事になる可能性もあるため、費用も高くなります。

 

蛇口などからの水漏れ

蛇口から水漏れが発生している場合の修理費用相場は、8000円〜3万円ほどです。

原因はパッキンが緩んでいる場合や接続部の劣化などが多く、基本的には簡単な作業で修理が終わるケースが多くなっています。

 

蛇口・水栓交換

蛇口や水栓の交換にかかる費用は7000円〜3万円ほどです。

こちらは特殊な蛇口をつけることで施工費用は高くなっていきます。

また蛇口や水栓の交換は、作業自体も簡単で部品代金もそこまで高くはないのですが出張費がかかることが特徴です。

 

浴槽のひび割れなどの修理・塗装

浴槽のひび割れによる塗装工事を行う際の費用は10万円〜15万円が費用相場です。

施工費用は劣化具合(塗装する面積)や浴槽の種類・大きさによっても異なります。

浴槽の素材によっては修理を行っていない業者も存在するため注意しましょう。

 

浴槽の交換

浴槽の交換にかかる費用は5万円〜60万円ほどです。

使用している浴槽の種類や機能に応じて費用は変動します。

基本的には、浴槽の劣化部分を修理で対応することができない場合に交換が行われます。

 

壁・天井・床・タイルの交換

壁や天井・床やタイルなどの交換費用は3万円〜30万円になります。

こちらも同じく使用している材質によって費用が変動します。

壁のみ・床のみなど部分的に施工を行うのではなく、まとめて施工をしたほうが費用をより安く抑えることができるのが特徴です。

 

ドアの修理・交換

ドアの修理の場合は費用が1万円〜3万円、交換の場合は5万円〜15万円ほどが費用相場となります。

しかし特殊な材質を使用している場合はさらに高額になる場合もあるでしょう。

またドアの外枠を作る場合や、ドアが内開きか外開きか引き戸かによっても異なります。

 

給湯器の修理・交換

給湯器を修理する場合の費用は1万円〜3万円ほど、丸ごと交換する場合は10万円〜40万円の費用がかかります。

お湯が出ない・給湯器から異音がする場合は給湯器の故障が発生している可能性が高く、すぐにでも修理・交換を行う必要があるでしょう。

 

換気扇の修理・交換

換気扇を修理する場合の費用は3千円〜5万円ほど、交換の場合は3万円〜15万円ほど費用がかかります。

換気扇のタイプによって費用はさまざまです。

また、換気扇を設置する際に一度壁を壊す作業が必要となるケースでは、修理費用が40万円ほどになることもあります。

 

暖房乾燥機の修理・交換

暖房乾燥機を修理する場合の費用は1万円〜5万円ほど、交換の場合は10万円〜40万円の費用がかかります。

暖房をかけているのに浴室が暖かくならない場合や、乾燥機能が低下していると感じた場合は修理・交換を検討しましょう。

またメーカーの保証期間内であれば費用がかからず修理や交換ができる場合もありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

お風呂の全体リフォームの修繕費用

お風呂の全体リフォームの修繕費用

お風呂全体をリフォームするにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

ここではお風呂のバリアフリー化・断熱リフォーム・ユニットバス化の3項目に分けて解説します。

 

お風呂をバリアフリー化する

お風呂をバリアフリーにする場合の施工箇所は、手すりや浴槽・ドアの交換など内容もさまざまです。

お風呂の段差解消・手すり取り付けなどの比較的簡単な作業に関しては、施工にかかる費用は3万円〜7万円と安く抑えることができます。

しかしバリアフリーのために浴槽を交換する場合やドアを交換する場合、5万円〜40万円と高額な費用がかかります。

部分的なリフォームを行う際は返って浴室のバランスを崩してしまうこともあるので注意が必要です。

また手すりの取り付けを行う場合は、もともとついていない部分に穴を開けたり壁を加工したりする作業が発生するため、取り付け後の防水処理まで欠かさず行いましょう。

 

お風呂の断熱リフォーム

お風呂全体が在来工法で建設された浴室の場合、同じ在来工法による断熱リフォームにかかる費用相場は100万円〜150万円ほどです。

施工期間は1週間から2週間ほどで、浴室のデザインや設備にこだわればこだわるほど施工費用も高額になります。

また断熱リフォームは浴室全体を断熱化するものと、床やタイルのみを断熱仕様に変更する部分リフォームがあります。

断熱リフォームの部分施工は施工内容によっても費用が変動しますが、浴室全体の断熱リフォームと比較するとかなり費用を抑えることができるので、予算が足りない方におすすめの方法です。

 

在来工法からユニットバス化

上記とは異なり、在来工法からユニットバスへのリフォームを行う場合の施工費用は65万円〜150万円がかかります。

施工面積が通常の浴室より狭い場合は100万円以内で施工できる可能性もあるでしょう。

また浴室を移動させる・広くするなどの大規模な施工を行う場合は費用相場が100万円〜250万円となります。

移動や拡張がない場合の施工期間は1週間〜10日、大規模な施工の場合は1ヶ月ほどかかることもあります。

これに加えて、配管設備や水道関連の工事が必要となる場合はさらに費用が高額になることを心得ておきましょう。

 

お風呂の修理費用を抑えるためのポイント

お風呂の修理費用を抑えるためのポイント

お風呂の修理にかかる費用を抑えるにはどのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか。

下記では、お風呂の修理費用をなるべく抑えるために意識するいくつかのポイントをご紹介いたします。

 

得意な業者を選定する

まずはお風呂の修理に特化している業者や、浴室リフォームを得意としている業者を探してみましょう。

お風呂のリフォームを長年こなしてきている施工業者は知識や技術をしっかりと兼ね備えているため、施工に対する提案やお客様に対する対応力が幅広い傾向にあります。

例えばこちらが「予算はこれくらいでお願いしたい」と相談した際にも、しっかりと予算の範囲内で最適なプランを作成してくれるでしょう。

また浴室リフォームを得意としている施工業者は、材料を業者から大量に仕入れていることも多く材料費を抑えることができる可能性があります。

 

ユニットバスは同じ規格を選ぶ

ユニットバスの施工を行う場合は、施工前と同じ規格のユニットバスを選ぶようにしましょう。

元のサイズよりも大きいものを選んでしまうと、枠組みのリフォームなどの大規模な施工が必要になってしまい、修理費が高額になってしまいます。

ここで注意しておきたいのが、ユニットバスのメーカーが同じでも必ずしも同じ規格とは限らないという点です。

そのため今現在使用しているユニットバスの規格は、事前に必ずチェックしておくようにしましょう。

 

設備のグレードや機能を抑える

浴室リフォームを行う際、浴槽やシャワーの機能性や設備のオプションは自分で設定できることが多いです。

そのため、一度希望通りの設備で見積もりをとってみて予算をオーバーしてしまった場合は設備のグレードや機能を抑えるようにしましょう。

また、施工を行う企業によっては設備の割引サービスを実施していることもあります。

初めからどこの設備を使用したい・悩んでいる設備がいくつかあるなど、おおよその検討がついている場合は複数企業に同じ内容で見積もりをとっておくのも良いでしょう。

金額を見比べてみると、会社ごとに設備の金額が大きく異なることもあり、場合によっては設備の金額が半額になることだってありえます。

相見積もりを行う際は、最低でも3社ほどに見積もりをとるのがおすすめです。

設備のオプションや機能はショールームやインターネットでも確認することができるので、時間がある時にどのような設備のものがあるのか調べておきましょう。

 

お風呂は塗装とシート張りだけでも綺麗になる

お風呂は塗装とシート張りだけでも綺麗になる

浴室リフォームを行う際は、床やタイルの張り替えを行うよりも塗装やシート貼りの方が費用を安く抑えることができます。

浴室の経年劣化による色褪せや変色、カビなどのダメージは塗装・シート貼りでも十分に綺麗にすることができるため、費用をなるべく抑えたい方はこの方法がおすすめです。

塗装にかかる費用相場は、塗装を行う面積によって変動しますが大体5万円〜15万円ほどです。

さらに工期が2日間と短いのも魅力的です。

こちらのページに、塗装やシート貼りの事例や、よくあるご質問を載せていますので是非ご参考にご覧ください。

塗装やシート貼りを活用することで、工期を減らし見た目もきれいにでき、費用面も抑えることができます。

塗装やシート貼りを活用することで、工期を減らし見た目もきれいにでき、費用面も抑えることができます。

塗装やシート貼りでのリフォームに変えることで、予算を抑えながらでも浴室の清潔感やデザイン性を高められます。

塗装やシート貼りでのリフォームに変えることで、予算を抑えながらでも浴室の清潔感やデザイン性を高められます。より低コストで早いリフォームを検討している方は、まずはシート貼りでのリフォームをご検討ください。

無料見積もりフォーム

お風呂のリノベーションを検討されている方はお気軽にお見積りください。お見積りは無料でさせて頂きます。

①お客様の情報をご入力ください
お名前
メールアドレス
電話番号
お住いの都道府県
物件のご住所
住宅の種類
リノベーション箇所
住宅の築年数
工事希望日
その他ご質問
②浴室の写真を添付してください

写真撮影の例

写真の撮影をお願いします。
①全体と②浴槽は写真が必須ですが、浴室に部分的な損傷がある方は③部分的損傷にも写真を添付ください。

1全体

2浴槽

3部分的損傷

①浴室の全体が確認できる写真を添付してください

撮影のポイント

1.窓がある場合は写真に収める
2.浴槽を収める
3.給湯器のリモコンがある場合は写真に収める

※1枚に収まらない場合は、
2枚目を撮影して添付してください

イメージ

②浴槽内側を確認できる写真を添付してください

撮影のポイント

1.浴槽の給湯口を収める

※1枚に収まらない場合は、
2枚目を撮影して添付してください

イメージ

③部分的な損傷箇所を確認できる写真を添付してください

撮影のポイント

1.損傷箇所を写真に収める

※1枚に収まらない場合は、
2枚目を撮影して添付してください

イメージ

関連記事

浴槽のサイズはどのくらいがベスト?

浴槽のサイズはどのくらいがベスト?

浴槽を大きくして快適に過ごしたいが、どのくらいの大きさがあるのか、知らない人も多いだろう。浴槽のサイズはユニットバスの場合、規格がある程度決まっており、どのくらい…

  • 124 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。